International Press-in Association
国際圧入学会オンラインコミュニティーサイト

圧入工学‐理論と実践を融合した実証科学アプローチで、地中の真実の解明に挑む

第5回IPA国際ワークショップ

  • 現在の進捗状況: このイベントは終了しました。
  • 更新日 2014.12.24

開催結果報告 Part1

  • 更新日 2014.12.24
第5回IPA国際ワークショップ第5回IPA国際ワークショップ 開催プログラム
開催日:
2014年12月3日(水) ‐ 5日(金)
開催地:
ベトナム社会主義共和国 ホーチミン市
会場:
シェラトン・サイゴンホテル&タワーズ
主催:
IPA実行委員会及び事務局
出席者:
7カ国延べ186名
プログラム:
後援:
  • ベトナム地盤工学会(VSSMGE)
  • 国立ホーチミン工科大学(HCMUT)
  • 国立ホーチミン建築大学(UAH)
  • 株式会社技研製作所
  • 新日鐵住金株式会社
  • JFEスチール株式会社
  • Son Hai Construction Co., Ltd.
第5回IPA国際ワークショップ会場 シェラトン・サイゴンホテル&タワーズ シェラトン・サイゴンホテル&タワーズ ロビー 第5回IPA国際ワークショップ IPAスタッフ

12月3日~5日の3日間、ベトナム社会主義共和国ホーチミン市のシェラトン・サイゴンホテル&タワーズにて、「第5回IPA国際ワークショップ」を開催しました。世界7カ国から参加した102名の研究者と技術者に加え、政府関係者や大学、土木・技術・開発関係に携わる産学官の地元要職者も合わせ、延べ186名が参加しました。 また今回も、ベトナム地盤工学会、国立ホーチミン工科大学、国立ホーチミン建築大学、世界有数の鉄鋼メーカーなど7団体からご後援をいただき、内容・規模共に大変充実した会議となりました。

ワークショップでは、恒例となった研究助成賞の授賞式と前回受賞者の研究成果紹介のほか、圧入工法普及に主眼を置いた講演の数々、圧入技術の実践による施工事例の紹介など、様々な分野と角度からプレゼンテーションが行われました。 また、英語圏ではない国での開催にあたり、今回初の試みとして3言語(日、英、ベトナム語)の同時通訳形式を採用、従来の抄訳を省き円滑な会議運営を進めたことで、参加者から好評を博しました。 当日の通訳ならびに事前の翻訳作業について、多大なご尽力をいただきました国立ホーチミン工科大学、国立ホーチミン建築大学、金沢大学の学生さんには心より御礼申し上げます。

最終日には地元に本社を置くSon Hai Construction Co., Ltd.社の全面的な協力によって、今回のために同社の敷地内に準備した特設ヤードでサイレントパイラーECO100の圧入デモンストレーション見学会を開催しました。 会場では参加者が実機のオペレーション体験をしたり、大型モニターによる圧入管理の紹介も行い、気温30度を超える猛暑の中、世界各国の研究者が圧入作業と画像を熱心に見入る姿が印象的でした。

東洋のパリとも称されるホーチミン市は、ASEAN中核国として安定した経済成長を続けており、来年は戦勝40周年の記念行事を控え都市部での交通網の整備事業が24時間体制で行われる等、大型のインフラ整備が進行中で国内は活気を増しています。 また、ODA関連をはじめとする大規模開発案件が出件され、鉄鋼関連業も活性化し、鋼矢板や鋼管杭に関する国家基準が制定されるなど、圧入技術が浸透する素地が整いつつあります。 このように発展著しいホーチミンから、圧入工学の最新情報を世界中に発信できたことで、認知拡大と更なる普及が確信できました。

開会

岡村 甫 名誉会員による開会の挨拶
岡村 甫 名誉会員による開会の挨拶
マイ・タン・フォン/ホーチミン工科大学副学長からの歓迎の挨拶
マイ・タン・フォン/ホーチミン工科大学
副学長からの歓迎の挨拶
北村 精男 名誉会長の挨拶
北村 精男 名誉会長の挨拶
マルコム・ボルトン会長によるIPAの活動紹介
マルコム・ボルトン会長による
IPAの活動紹介
奥村 忠彦 事務局長による司会進行
奥村 忠彦 事務局長による司会進行

特別プレゼンテーション : Part1

特別プレゼンテーション:Part1-1
野﨑 恒延/株式会社技研製作所 海外プロジェクト推進課
リーダー 「圧入技術の最新情報とインプラント構造物」
特別プレゼンテーション:Part1-2
菊池 喜昭/東京理科大学 教授 (IPA理事)
「圧入工法設計・施工指針発刊について」

特別プレゼンテーション : Part2

特別プレゼンテーション:Part2-1
ダン・ダン・テュン/ホーチミン工科大学(HCMUT) 講師
「ベトナムにおける圧入技術の展望」
特別プレゼンテーション:Part2-1
グエン・マイン・トゥアン/ホーチミン工科大学(HCMUT) 講師
「ベトナムにおける圧入技術の展望」
特別プレゼンテーション:Part2-2
ファン・タ・レ/ホーチミン建築大学(UAH) 講師
「ベトナムにおける圧入工法の矢板施工への適用展望」
特別プレゼンテーション:Part2-3
グエン・チ・トゥエット・チン/ハノイ交通大学(UTC)
都市交通・海岸工学 学部長
「ベトナムにおける鋼管矢板基礎の設計仕様」

特別プレゼンテーション : Part3

特別プレゼンテーション:Part3-1
豊島 径/東南アジア新日鐵住金株式会社 主幹
「鋼製建材技術とアジアでの適用事例」
特別プレゼンテーション:Part3-2
辻本 和仁/JFEスチール株式会社 建材開発部 副部長
「圧入工法によるJ-ポケットパイルの施工事例」
特別プレゼンテーション:Part3-3
トラン・バン・チン/Son Hai Construction Co., Ltd.
副社長 「ベトナムにおける圧入工法の実績と今後の展開」
会議風景

特別プレゼンテーション : Part4

特別プレゼンテーション:Part4-1
スチュワート・ヘイグ(左)/ケンブリッジ大学 講師、石原 行博(右)/株式会社技研製作所 実証科学課リーダー
「圧入工法に関する最近の研究開発」
特別プレゼンテーション:Part4-1
第5回IPA国際ワークショップ 集合写真
第4回IPA研究助成賞 総括報告
第5回IPA研究助成賞 授賞式典 第5回IPA研究助成賞

開催結果報告 Part2 へ