International Press-in Association
国際圧入学会オンラインコミュニティーサイト

圧入工学‐理論と実践を融合した実証科学アプローチで、地中の真実の解明に挑む

第5回IPA国際ワークショップ
2016.12.22 New Page Newsletter Vol.1, 2 を掲載しました。
2016.9.21 New Page Newsletter Vol.1, 1 を掲載しました。
2016.7.13 New Page IPA研究委員会: IPA研究者ワークショップを開催しました。
参加者および関係者の皆さま、ありがとうございました。
2016.7.12 New Page IPA研究委員会: 第9回IPA圧入工学セミナー in 高知 2016 を開催しました。
参加者および関係者の皆さま、ありがとうございました。
2016.7.4 New Page その他の活動 - 全国圧入協会(JPA)と協働し熊本地震の被害状況について調査を実施
2016.6.30 Notice 2016年度通常総会「決議事項のご通知」を掲載し、閉会しました。
2016.6.24 Notice IPA研究委員会: 第9回IPA圧入工学セミナー in 高知 2016 を開催します。
開催日時: 2016年7月12日(火) 13:30-17:30 (開場13:00)  会場: サンピア セリーズ
なお、席に限りがございますので、聴講をご希望の方はお早めにお申し込みください。
2016.4.1 Updated 運営体制 - 理事会
2016.3.3 Notice 2015年度臨時総会「決議事項のご報告」を掲載し、閉会しました。

『ジャイロプレス(回転切削圧入)工法による鋼管土留め擁壁設計・施工指針』を発刊しました。

建設の五大原則

建設工法の科学的評価方法についての意見募集

国際圧入学会では、建設工法を客観的・数値的に評価する手法として「建設の五大原則」を公開しています。皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

»詳しくはこちらをご覧ください。

ようこそ! IPAウェブサイトへ

圧入工学、この聞きなれない学術・技術テーマには、環境と文明の共生を図る持続可能な新しい建設パラダイムの確立に燃える、各分野トップレベルの頭脳と業界を変革する熱い志が結集しています。多様化する都市の新設や再生、異常気象や天災に対する災害対策など、建設手法に新奇性・発明性が不可欠な時代にあって、未だに古い時代の理論や計算式、旧態依然とした考え方・やり方・業界体質がまかり通っています。そこで、圧入の名の下に環境工学・地盤工学・機械工学・計測工学・施工工学など各専門分野の連携を図り、学者の理論と現場の施工結果を融合させ、仮説を科学として証明し、真実として確定させます。新しい実証科学アプローチへの取り組みです。その活動を推進し、実践者達に広く活躍の場を提供するのが、国際圧入学会(IPA)です。本ウェブサイトは、その趣意に賛同する方々のオンラインコミュニティーです。あなたもIPA会員として参画し、私たちと共に建設新時代の開拓に挑戦しようではありませんか。