お知らせ

「第二回 圧入工学に関する国際会議2021」論文を国内外から募集します

2019年11月26日 イベント(催事)
◆日程:2021 年 6 月 19 日(土)、20 日(日)
 場所:高知工科大学、香美キャンパス(高知県 香美市)
 主催:ICPE2021 組織委員会, 国際圧入学会(IPA)

◆背景

 先進国では、老朽化した社会基盤の維持、管理、更新が必要になっている。また、発展途上国では、急速な都市開発に対応した社会基盤の整備が喫緊の課題となっている。そして、地震、台風やハリケーン、洪水等自然災害の脅威はこれまで以上に高まっており、その結果、インフラが予想外の脆弱性を見せている。
 こうした課題を解決するために、持続可能な社会基盤整備の計画、調査、設計に関する研究分野の発展が求められている。更に、効率的な建設機械の開発、施工過程の省力化等、施工を支える技術の開発や技能者の育成を総合的に支援するための研究分野の確立が急務となっている。

◆趣旨

 このような背景の中で、圧入技術を主軸に各分野の専門家たちが横断的に取り組む研究分野「圧入工学」の普及促進を目指し、本国際会議を開催する。具体的には、わが国が取り組む国土強靭化、および防災・減災の取組みにおける適用事例に関する報告、IPA技術委員会の最近の研究成果の発表、研究者と技術者の意見交換の場や、学生・若手技術者の活躍の場を提供する。

◆資料のダウンロード:https://www.press-in.org/ja/page/icpe2021_download

 






 
 
 
TOP