学会案内


パンフレット(学会案内)のダウンロード
 
国際圧入学会(IPA)とは

国際圧入学会(英語名 International Press-in Association)は、環境、機械、施工、地盤、といった圧入に関連する諸分野を融合した「圧入工学」を推進し、理論と実践を融合させながら地盤と構造物の相互作用のメカニズム解明に取組む、国際的な学術組織です。
 
 学会名称  International Press-in Association(日本語名: 国際圧入学会、略称: IPA) 
学会設立  2007年2月16日(金)
学会役員  24名(2017年6月23日決議)                                       運営・組織
会員数
(2018年11月現在) 
 正会員    620名
 法人会員   54社                                                          入会案内
 学生会員   11 
所在地  東京都港区港南2-4-12 港南YKビル9階                              お問い合わせ
 
                                                                                                             
 
 







 IPA設立メンバー(ケンブリッジ大学での設立総会にて)


 
IPAの目的
 
  • 圧入技術に関する学術的関心を共有する国際的なネットワークの形成と維持発展
  • 圧入技術に関する学術の進展による社会貢献
  • 圧入技術に関する人材育成による社会貢献
 
IPAの活動
 
  • 技術情報の収集・発信
  • 研究成果や事例の発表の場の提供
  • 特定の技術課題解決のための研究
 
IPAの実績
 
会議 / セミナー
 
  • <国際会議>
           International Conference on Press-in Engineering (ICPE)
   2018 年から、3 年に 1 回(高知)
 
  •  <セミナー等>
      1.  海外セミナー
   2017 年(シンガポール、マレーシア)
           2018 年から、年に 2~3 回(海外)
      2.  圧入工学セミナー
           2010 年から、年に 1~2 回(高知・東京)
      3.  国際ワークショップ
           2007 年(ケンブリッジ)、2008 年(ニューオーリンズ)、
           2010 年(上海)、2012 年(シンガポール)、2014 年(ホーチミン)
 
研究活動


1.TC1 硬質地盤への自立式鋼管杭擁壁の適用に関する技術委員会  
  
委員長:東京工業大学  准教授 竹村 次朗  
  委員数:14名      参加機関:12

2.TC2 圧入工法における施工データを利用した地盤情報の推定
     に関する技術委員会
  
委員長:国際圧入学会  会長 日下部 治
  委員数:9名        参加機関数:

3.TC3 PFS工法の適用条件の拡大と地震時挙動評価に関する技術委員会
  
委員長:熊本大学    教授 大谷 順 
  委員数:24名      参加機関数:20

定期発刊物・出版物
 
  •     IPA Newsletter                                                        2016 年 9 月から、3 か月に 1 回 
  •     Press-in retaining structures a handbook     2016 年 3 月
  •     圧入工法設計施工指針(日本語)        2015 年 6 月
  •     ジャイロプレス工法設計施工指針(日本語)   2014 年 3 月
  •     Press-in Engineering                          2009 年、2011 年、2013 年、2015 年
     
IPAの沿革
  
基礎構造物は文明社会を支える大切な使命を担っていますが、地下という目線できないの領域にあるため、その設計の多くは経験式に依存しています。
他方、「圧入」では、杭/矢板を地中に静的に押し込むので、その施工過程と供用過程において、杭/矢板と地盤の相合作用のメカニズムが高い関連性を持つと考えられます。この特徴を利用して構造物の挙動を力学的に捉え、経験式依存から脱却した新しい枠組みを構築することを目指し、当学会は2007年に設立されました。
 
       1975 年07 月           北村精男氏(技研製作所)が油圧式杭圧入引抜機を開発                              
1990 年10 月    ケンブリッジ大学結晶学研究所の建設工事で圧入施工が採用
1994 年10 月   技研製作所とケンブリッジ大学が共同研究を開始
2002 年10 月  D. White 氏(現 IPA 理事)が圧入で初の博士号を取得
2005 年09 月   高知工科大学にて IPA 創設準備会を開催(発起人:北村精男氏(技研製所)
 Malcolm Bolton 氏(ケンブリッジ大学)、岡村甫氏(高知工科大学))
2006 年11 月   IPA 創設準備委員会が、研究助成提案の公募を開始
2007 年01 月   IPA 創設準備委員会が、第1 回 IPA 研究助成賞の受賞者を発表
2007 年02 月   IPA 設立総会を開催、Malcolm Bolton 氏が IPA 初代会長に就任
2016 年04 月   日下部治氏が IPA 第2 代会長に就任

 

 
最 新 行 事 案 内
  

   
 
最新発刊物


 
  


 
 
入 会 に つ い て

 
Newsletter 最新号
   

      
TOP